全身脱毛!月額制vs回数制 本当のところ安いのはどっち?

月額制vs回数制!全身脱毛安いのはどちら

サロンに通う際、「月額制」がいいのか「回数制」がいいのかわからずに、悩んでしまったことはありませんか?どっちの方が通いやすいのか、どっちの方が安いのか、とても大事です。

 

そこで、月額制と回数制、どのように違うのか・どちらが安いのかを調べてみました。

 

全身脱毛の月額制とは?

毎月決まった額を支払うプランとなります。施術の回数は決まっていませんから、好きな時に開始して自分の納得のいく成果が出たらやめることができます。

 

ですから、その際に費用総額がわかる形になっています。

 

回数制と違って毎月支払うわけですから、まとまった大きな金額をいっぺんに支払わない分、お財布にも精神的にもやさしいと言えます。

 

一度に支払うとなると不可能な場合も、月額制なら少しずつ支払していくので、とても楽です。すぐに脱毛がしたいと思っても一度に支払うことができないなどという場合には月額制が向いています。

 

メリットだけではなく、デメリットもいくつかあります。

まず、月額制ですから、毎月施術に行くことになります。施術に行かなくても、その月の分の料金だけ支払うことになるので、損をしてしまうから、何としてでも行きたいですよね。また、予約やキャンセルをする場合に融通がききずらいというのもあります。

 

回数制では施術に含まれているもの(例えばシェービングなど)が別途料金ということも多く、自分で処理をしてからサロンへ行かなければいけません。

 

サロンにより異なりますが、デメリットもいくつかあることを踏まえて検討してくださいね。

 

全身脱毛の回数制とは?

回数制も、意外に便利でメリットも多くあります。

 

自分の希望の回数を選択し、その料金を先に支払うことになります。一括だけではなく、分割での支払いも対応しているサロンがほとんど。金利を負担してくれるサロンも多く、助かります。

 

サロンによっては、回数制の場合はシェービングが無料になったり、予約変更などにも割と柔軟に対応してもらえる場合が多いです。また、月額制だと毎月サロンへ通う感じになりますが、回数制は好きなときに予約することができ、便利。次回施術を自分の都合に合わせて数ケ月後に設定するのもOKです。

 

回数制のデメリット

1回の支払額が月額制よりも少々高額になること。そのため、あまり金銭的に余裕がない学生などは、月額制を選ぶことが多いようです。

 

働いている人であれば、貯金やボーナスを充てることもできますが、主婦や学生などにとってはちょっと負担になるかも知れません。

 

結局、全身脱毛ならどちらをえらんだら良いの?

月額制・回数制、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 

大雑把に言えば、

  • 支払いをあまり負担にしたくない場合や毎月こまめに通って施術したい場合は月額制
  • 少々支払額が高くても自由に通いたい場合は回数制

を選ぶと良いでしょう。いずれにせよ、自分の生活に合った方法を選ぶというのが鉄則です。

 

以下で大手代表全身脱毛サロンの月額制・回数制の金額を比較してみましたので、参考になさってください。

 

キレイモ、ミュゼ、銀座カラー料金比較

プラン/サロン名 キレイモ ミュゼ 銀座カラー
月額料金 9,500円(税抜) なし 6,800円(顔除く)
(脱毛し放題)
回数制料金 全6回 全6回

レギュラープラン

全8回
114,000円(税抜) 204,120円(税込)

(アプリDLで50%OFFの料金)

186,260円(税込)      

 回数コースは8回のみ

全12回 全12回 全12回
228,000円(税抜) 408,240円(税込)

(アプリDLで50%OFFの料金)

197,650円(税込)

(脱毛し放題)

*2017/7月現在 最新価格は公式でご確認ください。

 

 

以前な月額制ならキレイモがバランス良くコスパ的にはおすすめだったのですが、ここにきて銀座カラーの勢いも止まりません。

 

  • 6,800円で脱毛し放題
  • トータル197,650円

はかなりお得!

 

銀座カラーの回数制は8回のみです。脱毛し放題と比べるとその差額は、11,390円ですから、8回の回数制のメリットがあまり感じられません。

 

しかし、全身脱毛は料金だけで比較できません

 

ミュゼは、全身脱毛になると若干割高ではありますが、両ワキ+Vライン、Vライン脱毛し放題など格安の脱毛完了プランも多く魅力的な内容です。

 

予約の取りやすさやキャンセル、シェ-ビングなど、料金のみで判断するのではなく総合的に判断しましょう。

 

格安プランは、その分人気が集中しますので、急いでいる人には不向きです。それならば少々高くても、その分融通の利くプランを選ぶ方が良いのかもしれません。