VIO脱毛の痛み比較!一番痛いのはどの脱毛方法

「VIO脱毛」脱毛方法で痛みがどれくらい変わるのか

VIO脱毛の痛みは、個人差はあるものの相当痛いと言われています。
しかし、脱毛方法によっては痛みに度合いが違うのも確か。

 

そこで、脱毛方法やその特性について痛みを様々な角度から見ていきます。

 

まず、一般的に痛みがない脱毛方法は「ハイパースキン脱毛」でしょう。
「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、「レーザー脱毛」と痛みが増してゆき、非常に痛みが強いのは「ワックス脱毛」や「ニードル脱毛」という順になりそうです。

 

ただ、「ワックス脱毛」に関しては一時的な除毛なので、時間が経てばまた生えてきます。
ですから、脱毛として考えるのもちょっと違う気もしますが、比較するためにあえて入れてみました。

 

また、家庭用の脱毛器を使って自分で処理するという方法もあります。

 

レーザー脱毛やニードル脱毛など痛みが強い方法でも、>初回が一番痛みを感じ、回数を重ねるうちに痛みが軽く感じるという傾向もあるようです。これは初めての時は必要以上に緊張していて神経が過敏になっているからだとも言われています。

 

回数を重ねるごとに痛みが軽減できるのであれば、それは嬉しいのですが、ですが痛みはあると思っていた方が良いでしょう。

 

そして、痛みの有無や効果、またサロンやクリニックの雰囲気や立地条件などから、自分に合ったものを選びたいものです。

 

VIO脱毛の種類

VIO脱毛は、サロンによってはハイジニーナ脱毛と呼ばれる場合もありますが、ハイジニーナの由来は清潔に処理をしていると言う意味なので、全処理という認識の方が正しいのではと思います。

 

ハイパースキン脱毛

  • 痛みなし
  • 子供も可能

と、謳っている脱毛方法です。

 

こちらの方法は、細胞の分裂に作用する光を当てることで発毛を抑えます。
しかし、施術後すぐに効果を実感できるものではありません。

 

ディオーネなどが当てはまります。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

痛みは少なく、軽い痛みを感じる程度。いくらか熱を感じます。
IPL脱毛とSSC脱毛がありますが、効果に関して大きな差はありません。

 

レーザー脱毛

強い痛みがあります。医療行為なので病院でのみ可能。
麻酔が使用できる場合もあります。

 

脱毛の効果も高く永久脱毛もできますが、処理後もまた生える場合があります。
レーザー脱毛器の種類

 

 

ニードル脱毛

一本一本に毛穴に針を入れて電流を流し、毛根を焼く脱毛方法です。
針を入れるので、従来の脱毛方とは違い前処理はせず予め毛をが伸びている状態で行います。

 

最も痛い脱毛方法ですが、一番効果があるのも確か。

 

永久脱毛の定義とは「脱毛が終了して、1ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合」というものですが、ニードル脱毛はまさに当てはまります。

 

 

家庭用脱毛器

「サロンでVIOラインを脱毛するのは恥ずかしい」「忙しくて予定を立てづらい」という人に向いています。

 

方式としては光脱毛です。
パワーの強弱や当て方など、難しい面もあります。

 

ワックス脱毛

ある意味、レーザー以上に痛いです。
脱毛の効果というより一時的につるつる状態になります。

 

VIOラインでワックス脱毛を行う場合、「ブラジリアンワックス脱毛」がります。
ワックスを塗り、専用の紙を張り、それを剥がすことで毛を抜く方法です。

 

時間が無い人や即効性を求める人に向いている脱毛方法です。

 

「VIO」の範囲

サロンやクリニックで若干範囲が変わる時がありますが、基本は以下の部位です。

 

VIO部位

 

Vライン

ビキニラインのことであり、水着を着る場合など気を使います。
VIOの中では比較的自己処理しやすい部位です。

 

処理後の形として、逆三角形、楕円形、ツルツル(ハイジニーナ)などが一般的とされています。

 

Iライン

足の付け根から陰部周辺で、性器と粘膜部以外を指します。
かぶれや黒ずみ等が起きやすい部位です。

 

Oライン

肛門の周辺で、自分でケアする場合はやりづらい部位です。

 

さらに詳しくご覧になりたい方はこちら → VIO脱毛 おすすめ