レーザー脱毛器の種類

あなたが使用しているレーザー脱毛機器は?

医療レーザーは、レーザーが発する波長によってその効果や反応が違ってきます。

 

波長が短いほうがメラニンにより反応し痛みが強く、波長が長いほうが広範囲に照射でき痛みも比較的少ないようです。

 

現在、医療クリニックや美容クリニックで主に使われている代表的なレーザー機器は、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。

 

アレキサンドライトレーザーの波長は755nm、ダイオードレーザの波長は810nmで、痛みだけで比較するとダイオードレーザーの方が少ないということになります。

 

けれど、アレキサンドライトレーザーでも最新機器は、冷却ガスを噴射して照射するので痛みが少ないといわれています。

 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使用したレーザー機器で、皮膚にメラニンの多い東洋人に向いています。

 

皮膚を通ってメラニン細胞に反応するので皮膚にダメージを与えず、効果的に脱毛することが出来ます。

 

シミやあざ、ニキビにも効果的で、毛穴を引き締めたり黒ずみを薄くするといった美肌効果も期待できます。

 

ただ、痛みがあり、産毛には反応しにくいというデメリットもあります。

 

また、黒ずみや色素沈着がひどい場合は脱毛出来ない可能性もあるので注意が必要ですが、医療脱毛は専門の医師が対応してくれますので、相談されるといいでしょう。

 

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーに比べて波長の長いレーザーを使用しています。

 

毛母細胞にのみダメージを与えレーザーの熱によって脱毛していきます。

 

日焼けや色素沈着がある肌にも対応でき、ヘッド部分の照射口が広いので打ち漏れが少なく産毛に対する効果も高いのが特徴です。

 

レーザー脱毛機器のまとめ

アレキサンドライトレーザー

  • シミ、あざ、ニキビの治療にも効果的
  • 美肌効果
  • 濃い毛や太い毛に適している
  • 産毛には適していない
  • 色黒、日焼けした肌には使用できない

 

適している部位

ワキ、アンダーヘアなど毛が黒い部位

 

ダイオードレーザー

  • 産毛や細い毛にも効果がある
  • 打ち漏れが少ない
  • 色黒、日焼けした肌にも使用できる
  • 照射口が広いので短時間で脱毛できる

 

適している部位 

産毛の多い背中 ワキ 足 おしり へそまわり

 

 

チェック

痛みに関しては、個人差があってダイオードレーザーだから痛くないということでもないようです。

 

冷却機能がある最新機器のアレキサンドライトレーザーの方が、痛みが少ないという人もいらっしゃいます。

 

どちらにしてもある程度の心の準備はいるかもしれません。
どうしても気になる方は、テスト照射をしてもらうといいでしょう。

 

こちらで、vio医療レーザー脱毛が安いを掲載中!