世界の脱毛事情

他国の脱毛事情は?お国柄で開きがあるのも面白い

世界の脱毛事情

日本人の女性は除毛や脱毛する文化が根付いています。日本ではたいていの場合脱毛サロンや美容外科に行くのが当たり前となっていますが、他国では日本ではあまり知られていない方法で脱毛しています。いつ日本に他国の文化が入ってきてもおかしくはありません

 

ここでみなさん他国の脱毛法について先取りしてみませんか?日本との大きな文化の違いに気づかされるでしょう。

 

アメリカ合衆国・欧米諸国〜VIOライン発祥の地〜

VIOラインが初めて使われ始めた場所です。デリケートゾーン中心に脱毛する人が多いそうです。

 

水着をオシャレに着るために、デリケートゾーン周りにブラジリアンワックスが使われています。近年この方法が日本でも知られ始め、専門としているサロンも増えているようです。

 

ワックスが使われている理由としては、日本で主流の光脱毛などはメラニンに反応して効果が出るものなので、色素が濃い人の方が脱毛するのが難しくなってしまうためです。ちなみに欧米諸国では、女性だけではなく男性もエチケットで脱毛をしているようです。

 

ヨーロッパ〜脱毛自由の国〜

イタリアなどファッションの最先端の国があるヨーロッパ。そんなヨーロッパなら全ての女性が美意識が高いのか…と思いきや、そうでもないんです

 

もちろん美意識が高い人がたくさんいる地域もあります。ですが、処理をせずに外出している人も多数いるようです。

 

このような考え方をしている人がいるため、わざわざサロンにまで行って脱毛をするよりも欧米諸国と同様、ワックスなど簡単にできる方法が好まれているようです。美意識が本当に高い人は、サロンに通い続けています。

 

アジア〜経済の差による脱毛法の違い〜

韓国やタイなど美容に関心のある人が多いアジア。アジア地方の人々は黄色人種なためムダ毛が目立ってしまうため、脱毛・除毛に関心を示すようです。

 

脱毛機器などが発展している国では、レーザー脱毛などの永久脱毛できるものが好まれるようです。また韓国は日本よりも脱毛にかかる費用が安いため、わざわざ韓国まで脱毛をしに旅行に来る人も多いです。

 

脱毛機器などが発展していない国では、ここでもワックスによる脱毛が行われています。脱毛後に生えてくる毛が弱々しくなるため、定期的に行わないといけませんがこの方法がアジアでも広まりつつあるのです。

 

まとめ

レーザー脱毛

 

生活や文化だけではなく、脱毛法にも違いが表れているようですね。

 

現在日本ではレーザー脱毛や光脱毛が主流となっていますが、世界中ではワックスによる脱毛が主流となっています。

 

このように脱毛機器は日々進化し続けているのです。今もこれからもきっと、女性は美しさを保つために脱毛し続けるでしょう。

 

これからもっと脱毛が身近な存在になっていくことを願い、世の女性たちの美しくなりたいという気持ちが叶う世の中になってほしいと思います。

 

関連ページ

費用対効果の高い全身脱毛サロンの選び方
全身脱毛料金の相場
脱毛がベストな季節
お得に安く全身脱毛する方法
顔の脱毛は全身脱毛に含まれない?
脱毛効果を実感する回数!
月額脱毛ってお得?
医療脱毛と脱毛エステ どっちがいい?
脱毛が就活の武器になる!?
ライバルとしのぎを削って少ない席を奪い合う就活において、面接官に与える印象はとても大きいモノです・・・就活と脱毛について掲載しています。
全身脱毛の予約!生理不順で予約のタイミングが難しい
生理不順で全身脱毛の予約のタイミングが難しいときってありますよね。毎回不規則な人はホント大変です。対策を考えてみましたのでご覧ください。
全身脱毛失敗あるある!こんな失敗